電子回路/オーディオ回路掲示板



カテゴリ:[ コラム ] キーワード: 自作オーディオ 電子回路 アンプ


1905件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1913] Re: re: ALX-03アンプ完成(遅^^;)

投稿者: ひるね 投稿日:2017年 5月18日(木)20時52分29秒   通報

たかじんさん

毎々お世話になりっぱなしです。

ここ、と狙いを限定して高級抵抗入れるのは良い作戦だと我ながら感心しています。最初は詳しいことは解らず、推奨品で揃えておけばいいんじゃないかと思ってました。
ほんとにREYはあの値段で、オーディオとしてのボーダーを超えてるんで、大したものだと思いますね。10倍の値段の物買ったって、差は1.2倍位ですよせいぜい(笑)
色々調べて、これなら使えるか?投資に見合うか?と部品1個単位で検討できるって楽しいですね。クルマや自転車なんかもそうだと思います。手を入れれば入れるほど愛着湧きますし、泥沼にもハマります(爆)




[1912] Re5: Re: ALX-03アンプ完成

投稿者: ひるね 投稿日:2017年 5月18日(木)20時17分0秒   通報

Kontiki さん

こんばんは。
マルツのRシリーズはてっきりカーボンだとばかり思ってました。あの値段で導電性プラスティックならすごいですね。
確かに基板に差し込む場合は1度付けちゃうと外すのは大変ですね。でもALX-03は独立してるんで、割と楽にできるぞ!って思ってやってみたら、P9Aがちっさくて苦戦しました。ピンの幅が狭い...。

元はアルプスのミニデテントでした。変えてすぐ、はっきりと違いがでました。もやが晴れたかのようです。
ミニデテントが悪いとは思ってなかったんで、びっくりしましたね。見晴らしが良いと言うか、よく言われる「解像度が高い」とはこういうことだという好例でしょうか。その前に変えてあった、VSRとの相性みたいのもあるのかもしれません。Z201が気になってきましたよ(危険)

そこで、再度金皮抵抗を試してみました。REYとBispaのLGMFSAです。あくまでもVSRに比べて、ということで。
REYはキンキンする感じです。LGMFSAはREYよりも良いですが、やはり誤魔化しというか細かいディテールが失われているように聞こえます。

軸を回したときの重さはミニデテントの方が上品ですかね。しかしこの音質の違いはいかんともしがたいです。こうなるともう狙うはアッテネータか、なんて考えちゃいますが、アムトランスのガトリング砲のような高額品買えませんわ(笑)



[1911] Re: re: ALX-03アンプ完成(遅^^;)

投稿者: たかじん 投稿日:2017年 5月18日(木)20時06分15秒   通報

kontiki さん

> 現在、20 mVと7 mV 程度となってます。ICに触ってもほの暖かい程度です。その他の素子もそれなりの温度です。

なんとなく大丈夫そうですね。 もともとオフセットが大きいOPAMPなのかもしれません。


ひるねさん

REYもREXも、なかなかの抵抗だと思います。 金属箔抵抗はススムのを使ったことがありましたが
エージングに時間がかかるような気がしました。

NFB抵抗は、もろに音へ影響が出ることろですので、その部分だけ高級抵抗を使うのはアリだと思います。

ボリュームは、かつてアルプスが40型を作っていて、それと比べるとCP-600は
僅かに劣るような気がしました。 シャキっとしていない感じ。RK27よりは煩さがなくて良い。
ただし、使い方次第という面もあります。
RK27も40~50万円くらいのアンプに使われていて十分なパフォーマンスを出しているときもあります。

傾向としては、アンプの入力インピーダンスを高くして、ボリュームの摺動子
に電流を流さない方が良いようです。 また抵抗値も1kΩや5kΩという小さい値ではなく、
20k~50kの値を選ぶのもコツかもしれません。メーカー製アンプでは100k~250kΩも
使われていたことがあります。
抵抗値による熱雑音を気にし過ぎな傾向がありますね。一部のマニアさんは。
木を見て森を見ず?

「ノイズが低ければ必ず音が良い」という訳ではないのは、レコードを聴く人や
真空管アンプで楽しんでいる人は、どこかで感じ取っているんだと思います。
そう考えると奥が深いですね。



[1910] Re4: Re: ALX-03アンプ完成

投稿者: kontiki 投稿日:2017年 5月17日(水)23時30分4秒   通報

ひるねさん

高級抵抗に関する貴重な報告、ありがとうございます。参考になります。

ボリュームが音質に大きな影響を与えることは、よく言われますね。
Vishay P9Aは、「たったの」1,000円ですね。ホッとします。^^
導電性プラスチック製ボリュームは、有名なマルツのR1610G(安いです!)や、たかじんさんのアンバランスーバランス変換基板に採用された東京光音のCP-600(2,700円!)がありますが、音が良いことに加え、ギャングエラーが小さく、ガリ音がないなど、評判いいですね。東京光音は、上記のたかじんさんの基板で試してみましたが、すごくいいですよ。ただ、ボリュームは、一旦取り付けると取るのがほぼ不可能なので、比較が難しいです。特に、導電性プラスチック製は、熱に弱いらしいので。
それでは、Vishay P9Aの報告を楽しみにしてます。



[1909] Re3: Re: ALX-03アンプ完成

投稿者: ひるね 投稿日:2017年 5月15日(月)22時21分31秒   通報

kontiki さん

REXはカーボンってだけで選択肢から外してました。実に勝手な思惑ですね。

鳴らし込んでいたらまたちょっと変化してきたので、少し補足を。
ベースラインがとても歯切れ良いです。前より聞き取りやすいのです。最初はベースの辺りだけ持ち上がってるんじゃないかと疑ったんですが、他の帯域が聴こえ辛くなったわけでもないんです。

抵抗絡みで色々探していたところ、そういえばボリュームも抵抗じゃないか、と思い出しまして。またまたVishayですが、P9Aってボリュームご存じですか?導電性プラスティック製だそうで。
なかなかそこらでは扱ってないようで、探し回ったらRSオンラインに在庫を見つけてお招きしました。開封したところ、ずいぶんちいさく頼りないなぁって印象です。さて、これをHyCAAとHPA-12とALX-03、どれに入れてみようかと思案してます。これも後ほど感想を述べたいと思います。

いやぁボリュームもピンキリですね。マルツの200円くらいのから果ては東光の数万円まで...。1個1,000円だって結構度胸いりますよ、ポチるのに(笑)



[1908] Re2: Re: ALX-03アンプ完成

投稿者: kontiki 投稿日:2017年 5月15日(月)21時24分20秒   通報

ひるねさん

高級抵抗の報告、読ませていただきました。ありがとうございます。
ひるねさんも、元々はREYを使っていらっしゃったのですね。R1は、音の入り口に直列に入っている抵抗なので、確かに影響ありそうですね。
ググって見ましたら、Vishay VSRって、1,000円/本もするじゃないですか! REYなど比較にならない、超高級抵抗ですねえ。^^; いやあ、世の中にはこういう世界もあるのですね。
「眠い」というのは、恐らく余計な付帯音がないということでしょうか。LME49720からOPA1612に交換した際にも同様な印象を感じました。

REYの兄弟でオーディオ用炭素抵抗REXというのがありますが、これは試されたでしょうか?



[1907] Re: re: ALX-03アンプ完成(遅^^;)

投稿者: ひるね 投稿日:2017年 5月14日(日)20時07分42秒   通報

こんばんは

とりあえず1ヶ所だけ変えてみました。R1です。元々はREYを付けてました。
新しく調達したのは、Vishay VSRです。金属箔抵抗は初めてですね。

音出しして最初に感じたのは、なんか眠い?...。ま、少ししたら変わるかなと思い鳴らしながら放置。数時間後に聴き直したところ、眠たい音になったのではなく、カドが取れたのだと思いました。情報量は増えています。気付いていなかった細かい音遣いを発見できましたし、シンバル系の余韻も美しいです。
巷で言われる「ガヤガヤする、金皮は固めの音」などの評価の意味がわかりました。丸ピンでソケット式施工にしましたので、REYに戻してみたんです。でも、決して悪い音とは言えないです。あらためてREYのコスパの高さを確認することになりました。
ちょっとVSRの包みこまれるようなサウンドにうっとりしながら、次回はOHMITEの無誘導巻線でも試してみようかと画策してます。あ、0dB HyCAAをいじるのも面白いかな...。



[1906] Re: re: ALX-03アンプ完成(遅^^;)

投稿者: kontiki 投稿日:2017年 5月11日(木)22時43分13秒   通報

たかじんさん

レスいただき、ありがとうございます。
OPA1612使用時のオフセットは、その後落ち着いてきまして、現在、20 mVと7 mV 程度となってます。ICに触ってもほの暖かい程度です。その他の素子もそれなりの温度です。
また、200kHzまでのおもちゃオシロ(\2,800です)で見る限り発振していませんが、MHzレベルの微小発振は、全く判りません(まともなオシロほしい^^;)。アイドリング電流調整を回すと、リニアに調整できます。
音もいいですが、定位がすごいです。楽器や声の位置が触れる位に明確です。

ひるねさん

今回僕は、最初から入手できる限りREY抵抗を使いましたので、抵抗の差は判りません。ひるねさんの報告、楽しみにしてます。^^



[1905] Re:ALX-03 オペアンプ

投稿者: ひるね 投稿日:2017年 5月11日(木)19時41分21秒   通報

たかじんさん

まぁ、無知の為せる業でしょうね(笑)
ざっくり調べて、使用可能電圧と電流帰還で無いこと(仕様書上)位で「やってみんべ」と突撃しました。
表面触っても熱くならないし、ボリューム上げてノイズが聞こえるわけでもないので、OKなんだと判断しました。
動いてるのは、たかじんさんの設計の懐が深いおかげではないかと考えております。

オペアンプの換装も楽しいですが、抵抗をちょっと高級品にしてみるという遊びを思い付いて、散財の旅に終着駅は無いという格言を体現中です。



[1904] Re:ALX-03 オペアンプ

投稿者: たかじん 投稿日:2017年 5月10日(水)22時15分53秒   通報

ひるねさん

> 手持ちの中から選んだのがLM6171

これは。。。 http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/jajs829/jajs829.pdf

データシートには電圧帰還と書いていますが、たしかに帰還回路は電圧帰還で、内部回路は
電流帰還アンプという特殊なOPAMPです。

私もALX-03で電流帰還タイプのOPAMPを試した事がないですが、これが動作するなら画期的ですね。
ひるねさんのチャレンジ精神には感服いたしました。


レンタル掲示板
1905件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.