teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


羊蹄丸 旅立ち日決定

 投稿者:Voyager  投稿日:2012年 3月19日(月)16時39分41秒
  3月25日(日)
作業は午前8時開始、午前8時30分離岸予定、3月29日(木)に新居浜東港に接岸。
詳細

http://www.funenokagakukan.or.jp/news/?p=887

3月25日 東京湾海上交通センター。

http://www6.kaiho.mlit.go.jp/tokyowan/pullship/pullship.htm

 
 

JR四国ニュースの表紙に…

 投稿者:大吉  投稿日:2012年 3月 8日(木)11時52分2秒
  「JR四国ニュース」3月号の表紙に、四国に特急が新設された頃(1972年)に宇高連絡船から四国入りするキハ181系の写真が掲載されていました。船は第三宇高丸でしょうか…。下のリンクでご覧になります。

http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/jr_news/index.htm
 

(無題)

 投稿者:大吉  投稿日:2011年12月14日(水)09時52分39秒
  インドネシアへ行った阿波丸やふじ丸(元第十八日通丸)、そしておかやま丸とその船内の画像が掲載されたサイトです。

http://viantrans.proboards.com/index.cgi?board=fotokapallautperahudll&action=print&thread=35
 

元おかやま丸

 投稿者:大吉  投稿日:2011年12月13日(火)15時49分33秒
  以前国道フェリーで活躍していたおかやま丸は2009年にインドネシアへ売却されていきましたが、讃岐丸やふじ丸(元第十八日通丸)の売却先でもあるダルマ・ラウタン・ウタマ社のHPのトップページに元おかやま丸らしき船の画像が掲載されていました。現在の船名は「DHARMA KENCANA IX」で、引き続き出てくる船内の画像を見ると豪華な装いに改装されていました。

http://www.dluonline.co.id/
 

(無題)

 投稿者:快調  投稿日:2011年11月24日(木)21時53分45秒
  amatudonさん、レスが大変遅くなりました。
新居浜市在住とは、今回の件では地元になりますね。
會について御関心がおありみたいですが、1度直接連絡を取ってもよさそうです。
トップページの「メールはこちら」からだとこちらにメールが来るようになっています。
 

羊蹄丸回航?

 投稿者:amatudon  投稿日:2011年11月13日(日)05時10分36秒
  新居浜市在住のamatudonと申します。
遥か大昔、(別の板だったか?それくらい昔)松竹映画「喜びも悲しみも幾歳月」紫雲丸型カラー映像の件でカキコ致しました。
三村様、以前の「世界の艦船」巻末の保存会記事、また金比羅さんの伊予・阿波丸両船の安航祈願奉納絵馬以来 当会に注目しております。

さて正月に所用で上京の際、正月休みで入れず 外から「羊蹄丸」と 隣接する「宗谷」を眺めましたが、
そうこうするうちに休館し入れず仕舞い。
そんな折こちらで羊蹄丸回航記事を知り、まさに狂喜しております。

こちらでは、まだ何の動きも見られないのですが、追々注目されることになると思いますので 引き続きレポート致します。
ちなみに私は4月9日臨時便阿波丸で宇野に渡り、翌10日上り2番列車のマリンライナーで高松に戻りました連絡船ファンです。
今後とも宜しくお願いします。
 

羊蹄丸

 投稿者:快調  投稿日:2011年11月12日(土)20時23分28秒
  大吉さん

また1隻、当時を知る手掛かりがなくなりますが、悔いの残らない活動にしたいと思います。
 

羊蹄丸の譲渡先

 投稿者:大吉  投稿日:2011年11月11日(金)18時03分37秒
  9月末で展示・公開を終えた東京「船の科学館」の元青函連絡船羊蹄丸ですが、愛媛県新居浜市の産学官連携組織「えひめ東予シップリサイクル研究会」に無償譲渡されるようです。ただ新居浜東港での公開後、船舶リサイクルの仕組みを確立するための研究用として解体されるようですが…。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011110902000042.html?ref=rank
 

羊蹄丸、保存・展示を終了

 投稿者:大吉  投稿日:2011年 8月 2日(火)12時26分19秒
  東京の「船の科学館」の本館展示が9/30をもって休止となるようですが、一方で同所に係留されている元青函連絡船の羊蹄丸は本館展示の休止に伴い保存・展示を終了するようです。残念ですが、今後の動向も気になるとこですね。

http://www.funenokagakukan.or.jp/kaiji/kyuushi.html
 

第2バース

 投稿者:快調  投稿日:2011年 5月24日(火)23時44分27秒
  大吉さん、いつもイベントに来て下さり、有難うございます。
第2バースですが、災害対策の防潮堤を作るという事で、1月に管理会社から相談がありました。
結論を言いますと、南端から7m弱までは連絡船の接岸跡の影響も殆どない事と劣化が激しい事から切断・撤去という事になりました。北側については貨車航送施設として重要な部分である事から、周囲を遊歩道として整備し、多くの人に見て貰えるようになります。
玉野の歴史的遺物として認識されている以上、完全撤去は難しいかとは思いますが、油断も出来ない状況ですので、引き続き保存活動は展開していきます。
 

レンタル掲示板
/30