teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7月例会のお知らせ

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 6月28日(木)18時08分18秒
  7月例会 合評会

日時 7月17日(火)18時~
場所  中部大学名古屋キャンパス8-C講義室
テキスト 津野倫明「関ヶ原合戦と長宗我部氏のカタストロフィ」
     高橋 修「関ヶ原合戦図屏風」
(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 藤田達生氏
 
 

6月報告会のご案内

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 6月 4日(月)12時28分51秒
  織豊期研究会 6月報告会のお知らせ
日頃は、会務にご協力下さいまして、ありがとうございます。
 さて、下記の様に6月報告会を開催いたします。よろしくご出席下さいますようお願い申し上げます。

日 時 6月19日(火)18時~
報告者  嶋野恵里佳氏
テーマ 「元和・寛永期徳川大坂城築城における労働
力編成」
会 場 ウインクあいち1004会議室


 〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
 三重大学教育学部日本史研究室内
織 豊 期 研 究 会
 

『十六世紀史論叢』第9号を刊行しました。

 投稿者:十六世紀史研究学会  投稿日:2018年 5月29日(火)16時59分4秒
  ☆『十六世紀史論叢』第9号を刊行しました。

 ※あまりたくさん刷っていませんので、ご入用の方はお急ぎください。
 ※『論集 赤松氏と宇喜多氏の研究』など弊社の刊行物もあわせてご購読ください。

 【『十六世紀史論叢』第9号(2018.3)目次】(1,200円・送料込) ※総ページ数100頁

論説
笹木 康平 天文期の若狭武田氏に関する一考察 ―粟屋元隆の反乱と天文九年武田・六角・京極同盟―
柴辻 俊六 戦国期武田氏領における足軽の様態
白 峰  旬 藤堂高虎隊は関ヶ原で大谷吉継隊と戦った ―『藤堂家覚書』の記載検討を中心に―
中平 景介 天正前期の宇和郡・喜多郡と長宗我部氏
渡邊 大門 天正七・八年における三木合戦の展開について
書評
若林 陵一 片山正彦著『豊臣政権の東国政策と徳川氏』

【振込方法①/銀行振込】※株式会社歴史と文化の研究所の委託販売扱いとなります。
  銀行口座:ゆうちょ銀行 〇一九店 当座 0587410
  口座名義:株式会社歴史と文化の研究所 【カナ】 カ)レキシトブンカノケンキュウショ

  ※振り込まれましたら、送付先住所を明記してメール<watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■は@)>をください。

【振込方法②/振替口座】※株式会社歴史と文化の研究所の委託販売扱いとなります。
  口座記号番号:00150-9-587410
  口座名称:株式会社歴史と文化の研究所

※図書館等の機関で、見積書、納品書等が必要な場合は、遠慮なくご連絡ください。
※必要な冊子の書名、号数、冊数などを明記してください。

https://sites.google.com/site/daimonwatanabe/home/rinku-ji

 

5月例会の事項書

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 5月19日(土)09時47分58秒
  2018年5月15日 於中部大学名古屋キャンパス8-C講義室

                        織豊期研究会18年5月例会

1.本年度大会の件
20号記念シンポジウムに向けての流れ→準備報告会を開催する
「合評会」とどう連動させるか。
歴史学研究会大会用のチラシ作成
テーマ 近世成立期の大規模戦争と国制
総 論 中野 等 氏 石田三成論
各 論
    谷口 央 氏 豊臣政権から江戸幕府へー関ヶ原の戦いをめぐる政治史
    長屋隆幸 氏 大坂の陣における土佐藩山内家
    嶋野恵里佳氏 元和・寛永期徳川大坂城築城における労働力編成
    髙田 徹 氏 元和・寛永期の城郭に関係する諸問題
司 会 藤田達生 氏

2.歴史学研究会大会販売体制
5月26日(土)・27日(日)
会場:早稲田大学早稲田キャンパス(東京都新宿区西早稲田1-6-1)
→水野氏・斉藤氏・小久保氏ご快諾

3.6月報告会の件
日 時 6月19日(火)18時~
第92回
報告者  嶋野恵里佳 氏
テーマ  元和・寛永期徳川大坂城築城における労働力編成
会場 ウインクあいち1004会議室

4.『織豊期研究』20号の件
予定通り進捗している模様

5.その他
科研の体制づくりにむけて

次回
7月例会 合評会
日時 7月17日(火)18時~
場所  中部大学名古屋キャンパス8-C講義室
テキスト 津野倫明「関ヶ原合戦と長宗我部氏のカタストロフィ」
     高橋 修「関ヶ原合戦図屏風」
(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 藤田達生氏
 

5月例会のご案内

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 5月12日(土)12時27分57秒
  日時 5月15日(火)18時~
場所  中部大学名古屋キャンパス8-C講義室
テキスト 山本浩樹「関ヶ原合戦と尾張・美濃」
(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 小久保嘉紀 氏
*お気軽にご参加ください。
 

4月例会事項書

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 4月20日(金)10時09分21秒
  2018年4月17日 於中部大学名古屋キャンパス8-C講義室

織豊期研究会18年4月例会

1.本年度大会の件
20号記念シンポジウムに向けての流れ→準備報告会を開催する
「合評会」とどう連動させるか。
歴史学研究会大会用のチラシ作成

2.6月報告会の件
日 時 6月19日(火)18時~
第92回
報告者  嶋野恵里佳 氏
テーマ  未定
会場 ウインクあいち  会議室

3.『織豊期研究』20号の件
予定通り進捗している模様

4.その他

次回
5月例会 合評会
日時 5月15日(火)18時~
場所  中部大学名古屋キャンパス8-C講義室
テキスト 山本浩樹「関ヶ原合戦と尾張・美濃」
(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 小久保嘉紀 氏
 

4月例会のご案内

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 4月 8日(日)11時49分11秒
  4月例会 論文講読会
日時 4月17日(火)18時~
場所  中部大学名古屋キャンパス8-C講義室
テキスト 谷口 央「総論 関ヶ原合戦の位置づけと課題」(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 水野智之氏
テキスト 山本浩樹「関ヶ原合戦と尾張・美濃」(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 小久保嘉紀氏
 

『研究論集 歴史と文化』2号刊行のご案内

 投稿者:渡邊大門  投稿日:2018年 3月21日(水)10時13分20秒
  各位

いつもお世話になっております。
この度、『研究論集 歴史と文化』2号を刊行いたしましたので、ご案内いたします。
目次は下記のとおりです。

○目次○

論説
浅野 友輔 毛利氏の石見進出と江良房栄、備後三吉隆亮の動向
楠田  真 司馬遼太郎と播磨 ―没後二十年を超えて―
柴辻 俊六 戦国期武田氏領での「堪忍」と「堪忍分」の用例について
新藤  透 近世に於ける「図書館」利用規程について ―藩校付属文庫を事例として―
水野 伍貴 関ヶ原の役と井伊直政
八尾 嘉男 近世中期摂北地域の茶の湯 ―酒造家の日記史料を素材に―
渡邊 大門 津山藩と大坂の陣 ―『森家先代実録』の記載を中心に―
文献目録
中脇  聖 土佐一条氏研究文献目録

購入方法などの詳細は、下記よりご確認をお願いします。

https://sites.google.com/site/daimonwatanabe/

よろしくお願い申し上げます。


--

渡邊 大門(わたなべ だいもん)

https://sites.google.com/site/daimonwatanabe/

 

『ふびと』最新号のご案内

 投稿者:三重大学歴史研究会  投稿日:2018年 2月24日(土)23時16分40秒
   三重大学歴史研究会では、このたび『ふびと』69号を刊行しました(1冊1,000円)。ご興味のある方はぜひともご購入ください。

【69号 目次】
〈論文〉
小川のどか:中華民国期における上海娯楽産業と越劇の発展
吉村 利男:太平洋戦争下、津地域の民間軍需工場
〈研究ノート〉
福井 健二:藤堂宮内家とその一族
小玉 道明:山本読書室と松浦武四郎
〈史料紹介〉
嶋野恵里佳:三重県立図書館所蔵『北畠物語』(下)


 また、バックナンバーも販売しております。三重県内を中心とした研究、遺跡・古墳の発掘調査などの報告が多数あります。
 購入を希望されます方・バックナンバーのお問い合わせは下記までご連絡ください。
 2,000円以上購入の場合は送料無料です。振込手数料は購入者負担となります。発送までは日数がかかる場合がありますので、予めご了承下さい。

【連絡先】
〒514-8507
三重県津市栗真町屋町1577
三重大学教育学部歴史学研究室内
三重大学歴史研究会
電話:059-231-9219(大坪研究室)
otsubo@edu.mie-u.ac.jp
 

2月例会事項書

 投稿者:研究会事務局  投稿日:2018年 2月21日(水)21時58分18秒
  2018年2月20日 於中部大学名古屋キャンパス8-C講義室

織豊期研究会18年2 月例会

1.本年度大会の件
20号記念シンポジウムに向けての流れ→準備報告会を開催する

2.3月報告会の件
日 時 3月13日(火)18時~
第91回
報告者  鹿毛敏夫氏
テーマ 「戦国大名のインフラ整備事業と夫役動員論理」
会場 ウインクあいち906会議室

3.『織豊期研究』20号の件
人選と依頼情況の確認

4.その他

次回
4月例会 論文講読会
日時 4月17日(火)18時~
場所  中部大学名古屋キャンパス8-C講義室
テキスト 谷口 央「総論 関ヶ原合戦の位置づけと課題」(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 水野智之氏
テキスト 山本浩樹「関ヶ原合戦と尾張・美濃」(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』高志書院)
評者 小久保嘉紀氏
 

レンタル掲示板
/50