電子回路/オーディオ回路掲示板



カテゴリ:[ コラム ] キーワード: 自作オーディオ 電子回路 アンプ


1945件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[2061] Re:HPA-12の電流測定

投稿者: ウルトラのおじさん 投稿日:2018年10月17日(水)13時30分23秒   通報

たかじんさん、ご丁寧にありがとうございます。感動してしまいました。
アドバイス通りR16とR66の抵抗値を上げていったところ、22Ωで電圧が125mV位まで上がりました。
これで大体38mA流れている計算になりますよね。最終段のトランジスタも熱を持つようになりました。
素人の私が自作を楽しめるのも、基盤を頒布してくれるたかじんさんのおかげです。
早速次はVFA-01にしようかALX-03にしようか悩んでいます。
これからもよろしくお願いします。




[2057] Re:HPA-12の電流測定

投稿者: たかじん 投稿日:2018年10月 3日(水)22時15分44秒   通報

ウルトラのおじさんさん

針メータのテスターだと、微小な電圧は読み取りにくいですね。
0.1mV分解能のテスターがあればバッチリです。

6000カウントと書いてあるテスターが分解能が高いテスターです。
あとは切り替えできるレンジがどこまであるか、です。
4000カウントでも大丈夫です(私の所有しているテスターは4000です)


Amazonでいうと、こんな感じのスペックなら満足できると思います。

https://www.amazon.co.jp/Meterk-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-6000%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88LED%E4%BB%98%E3%81%8D-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B0755DQ9RT/ref=lp_2541712051_1_2_sspa?s=industrial&ie=UTF8&qid=1538572195&sr=1-2-spons&psc=1


ただし、このテスターは使ったこと無いので、詳細は不明です。
Amazonのユーザー評価もあてにならないことが多いので気をつけなければいけません。



[2056] Re:HPA-12の電流測定

投稿者: ウルトラのおじさん 投稿日:2018年 9月24日(月)19時34分16秒   通報

たかじんさん
ありがとうございます。ご指摘の抵抗値を少しずつ上げてみます。
古いアナログテスターを引っ張り出してきて計ったので、誤差もあるかもしれませんね。
これからもたかじんさんの基盤でいろいろ作ってみたいので、精度の高いテスターもそろえようと思います。
これからもよろしくお願いします。



[2055] Re:ST-32

投稿者: たかじん 投稿日:2018年 9月24日(月)17時46分19秒   通報

若輩者さん

DACのサンプリングレートとは関係なく、アナログ回路の問題です。
トランス(L成分)の負荷が軽すぎるとオーバーシュートがでます。
逆に、負荷が重すぎると高域の抜けがわるくモッサリしてくるので、
音を聞いて調整するのもアリですね。




[2054] Re:HPA-12の電流測定

投稿者: たかじん 投稿日:2018年 9月24日(月)17時41分38秒   通報

ウルトラのおじさんさん

電流が少ないほうにバラつきが出ているようですね。
抵抗ひとつの両端で電圧を測ってオームの法則で電流に変換する方法で正しいです。
電圧が小さいため1mVの違いを読める精度のテスターが必要です。

もう少し増やすにはR16を10Ωから15Ωや22Ωへと増やしてみてください。
R16を外してVR2に半固定抵抗を入れて可変してしまうという手もありますが、
音質的な観点では、固定抵抗の方が優れている可能性がたかいです。

よろしくお願いいたします。



[2053] HPA-12の電流測定

投稿者: ウルトラのおじさん 投稿日:2018年 9月19日(水)19時34分57秒   通報

たかじんさん、いつも大変参考にさせていただいています。
念願のHPA-12が無事完成し、音出しまでこぎつけました。DCオフセットのみ調整して聞いていますが、素晴らしいですね。楽器の細やかな表現や、音の消え際に今まで聞こえなかった音が聞こえます。最終段の電流調整についてですが、エミッター抵抗(抵抗1つ)の両端を計ると20mAしかありません。Raa,Rbbの抵抗値を上げてもあまり変わりません。計り方が間違っているのでしょうか?エミッター抵抗2個挟んで計るのでしょうか?
時間のある時で結構ですので、よろしくお願いします。



[2052] Re:ST-32

投稿者: 若輩者 投稿日:2018年 9月18日(火)18時12分27秒   通報

ちょっと言葉足らずでした。

>例えば、48kHz を 192kHz とかにアップコンバートしてから再生すれば、可聴帯域のオーバーシュートを抑制できるのでしょうか?

48kHz でサンプリングした 24kHz の音は、24kHz の矩形波として記録されていると思うのですが、これを 192kHz にアップサンプリングしてから再生したら、立ち上がりがなだらかにならないかな?と思った次第です。
この辺りはDAC次第なんでしょうか。



[2051] Re:ST-32

投稿者: 若輩者 投稿日:2018年 9月16日(日)23時30分53秒   通報

たかじん様

ご回答、ありがとうございます。
「R5 はオープン。R6 は 1.2k を目安にオーバーシュートを確認するとよい。」
幸い、(ボロボロですが)オシロはありますので、そのように試行錯誤してみます。

ところで、オーバーシュートは、矩形波を入力した時に観察しやすいと認識しているのですが、
音楽信号で矩形波のような立ち上がりをするのは、元がデジタルなら、高域側だと思います。
例えば、48kHz を 192kHz とかにアップコンバートしてから再生すれば、可聴帯域のオーバーシュートを抑制できるのでしょうか?


>別の部分ですが、C3とC6は容量不足じゃないでしょうか。
ご指摘の通りです・・・10uFは少な過ぎでした。1000uFの間違いという事にしておいてください。



[2050] HPA-12の入力インピーダンス

投稿者: anni 投稿日:2018年 9月16日(日)23時27分16秒   通報

いつも楽しく記事を拝読させていただいております。
また、HPA-12や0dB HyCAAでHPAの自作を楽しむ機会を与えていただき大変感謝しております。

ここ最近ですが、HPA-12に繋ぐDACにぺるけさんのトランス式USB DACを使ってみようと考えています。このトランス式USB DACは後続のアンプの入力インピーダンスが50kΩ(30kΩ以上100kΩ以下)だとしてチューニングしてあるとのことです。

そこで質問なのですが、

1. 10kΩのボリュームを使ったHPA-12の入力インピーダンスは何kΩでしょうか?
2. HPA-12の入力インピーダンスを約50kΩするにはどのような改造が必要か?(50kΩのボリュームを使えば良い!?)

の2点を教えていただけないでしょうか。



[2049] ST-32

投稿者: たかじん 投稿日:2018年 9月16日(日)09時38分31秒   通報

若輩者さん

お久しぶりです。
ST-32は8Ω負荷をぶら下げたときに、1次側に1.2kのインピーダンスが
見える出力トランスですね。
これを反対側で使うと、逆の関係になります。

つまり、出力側に1.2kをぶら下げると、入力側からみると8Ωとして
見えるはずです。(多少の誤差があるでしょうけど)

また巻数比は12:1ですから、これも逆にすると12倍の電圧増幅率が
でてきます。

R5は無くても良いけど、R6でインピーダンスを決定しておいた方が
回路定数が読みやすくなるような気がしますね。
無くてもR7(22k)が負荷となって問題なく動くと思いますが。。

トランスの出力側の負荷が規定よりも軽いと高域特性は少し伸びると思います。
その代わり、オーバーシュートなどが発生する可能性もあります。
その辺をみながら抵抗値を決めてみてはいかがでしょうか。

別の部分ですが、C3とC6は容量不足じゃないでしょうか。


レンタル掲示板
1945件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.