<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [123]
  • Blue Snow DAC

  • 投稿者:onajinn
  • 投稿日:2021年12月12日(日)15時46分37秒
 
小生もようやくBlue Snow DACが完成したので製作レポートがてら写真投稿いたします。
“DUAL DC-Arrow”が発表された時に2台作成しようとトランスを確保していたので、ほぼ必要な部品を早い段階で揃えることができました。とは言えケースをどうしようか。SPDIF入力のレシーバーは何にしようとか。余ったI2SもHDMIで入力口を設けたい……としばらく考えてばかりいました。
先ず古いクリアファイルを切ったシートに基板をあてて取り付けスペーサー用の穴決めテンプレートを作製。正確に測って穴あけしたしたつもりでも結構微妙にずれますので、私には必要です。特に今回は基板たわみ防止のため穴が多いですし、留めるのは皿ビス予定なので。表示部と操作ノブをすこし離したい気もありましたが単純に基板を切断ですむ問題でもないので。結局以下のとおりとなりました。

ケース:タカチOS70-32-23SS そのまま横長で使用。電源インレットや出力XLRレセプタクルコネクターの取り付けを考えると奥行以外は後面パネル窮屈ながらもなんとか納まりました。2mm厚アルミ板のサブシャーシで二重底にして基板を取り付けています。

検討品:OS70-20-33SS 側板(3mm)を前後のパネルとすると厚くて見栄えも良く、半田マニアさんがうまく組み上げていていいのですが。わたしの基板取り付け案では、FUSE交換(ほぼ無いけど)が困難。取り付けネジを回すドライバーが垂直に入らない。→かなり組み立てに工夫が必要。

UC32-8-24DD 販売終了 GGタイプはベージュに近いライトグレーで良い感じ 高さも余分にあるので入出力コネクタを付けるのが楽そうなのですけれど。

電源SW:MIYAMA製照光押しボタンSWが候補だったのですが、トランスが50W(2個で)トロイダルのため定格3Aは耐久性(寿命)にやや不安を感じ6AのトグルSWと電球色LEDを仕込んだ秘蔵品豆電球ブラケットのコンビにしました。さらに石橋をたたくつもりでスパークキラーも基板の裏に仕込んであります。心配性ですね。

入出力コネクター:基板上のものはそのまま後面パネルから突き出すようにして。SPDIF入力はカナレ製RCA端子 出力はバランスプラグ対応のみXLR端子(ノイトリックス製)にしました。

抵抗 コンデンサ:PRP(赤)を主に一部HOLCO(黒)を使用。平滑用コンデンサ(2200μF)のみ35WVの長寿命品(Rubycon[35ZLH2200MEFC16X25])にしました。他はほぼ部品表のままです 。

デジタル入力:SPDIF入力はコンパクトな美武クリエイトさんの“CS8416/DAI 基板”(完成品ですが一部ピンヘッダーをサイドタイプに電源レセプターEHを一か所交換)USB接続での入力は勿論【COMBO384】(大分前にマルツより購入した死蔵品になりかけ)です。

製作で苦労したのはやはり基板上0.5mmピッチの半田付けです。HDMI端子奥半田ブリッジ思い込みで取り外し時オシャカにして別途購入し付け直しました。その作業時危うく基板パターン剥がしかけてしまう始末。ご本尊AK4490は位置固定で片方がよくよく拡大し見ればほんのわずかに傾いてしまいました。修正でのリスクを避けてそのままにしています。
後面パネルのHDMII用穴開けでは位置決め時に少しズレて修正で横の隙間大きくなっています。
前面パネルでは表示器基板を直接取り付けずツマミの出っ張りを操作に支障がない程度に小さくしておとしこみ、底板にガッチリ固定することに腐心しました。リボンケーブル少し切り詰めしています。

完成後とりあえずCDプレイヤーSPDIF→B.S.DAC→ぺるけさん設計FET式平衡型差動プリアンプVer.2→HPA-12ミニパワーアンプ×2(BTL)→SP(10cmフルレンジ)というラインナップで“VELVET SOUND”を堪能しています。ウ~ンとてもいいとしか言えない!


スレッド一覧

  1. 製作例 ご自由に投稿(113)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成