教えてコーチ!スノーボード何でも相談室!

ウィスラー現地のフリースタイルコーチングスクール「スノーボードウィズ」の無料サービスです!スクールの詳細は「www.snbdojowiz.com」で!ご質問の際は、まずフェイスブックで「いいね」ボタンをクリックください!https://www.facebook.com/snbw.net 自主トレで3年? プロコーチングなら3日です! やっぱりプロに教わろう! http://www.snbdojowiz.com/260852641235486.html



カテゴリ:[ スノーボード ] キーワード: スノーボード レッスン 上達


新着順:59/224


[170] Re: バックサイドスピンのアプローチ

投稿者: コーチ 投稿日:2015年 7月13日(月)02時46分7秒 d162-156-132-16.bchsia.telus.net  通報   返信・引用 > No.169[元記事へ]

以前お話した後ろの腕を引く方法が効果あったんですね~。
良かったです!
さて、グラブすることでさらに回転力を得ることができたということで、しかしこれをやり続けたらグラブしても回転力が得られなくなったということですね。
今回も動画を見てないのでハッキリとは言えないのですが、経験から言える範囲で以下のように考えてみました。

以前お話した中に「蹴る」ことの効果も書きましたが覚えておられますか?
蹴ることで足と体幹の筋肉に伸張反射が起こり、その筋肉が急激に縮もうとする動きを利用して回転力を上げる方法です。
まずはこちらを読んでみてください。
http://6218.teacup.com/snbw/bbs/140
http://6218.teacup.com/snbw/bbs/142

最初グラブしたときに余計に回転力が得られた際、おそらく少しでも蹴っていたのではないでしょうか?
しかし慣れて回転力が上がってくると横回しばかりに意識が行って、なかなか下半身による運動「蹴る」ことがなくなっていきます。
またグラブばかりに意識が行った場合、蹴る動作&横回転まで少なくなっている可能性があります。
筋肉の伸張反射を使えると、下半身は自然と引きあがってきて非常に軽く感じます。
このときグラブしていたら「グラブが良かった」と思ってしまうのですが、グラブが良いのではなく、この伸張反射で下半身が勝手に上がってくることが回転をより容易にしているわけですね。

おそらく最初のグラブしてうまく回ったときは、リップの反り上がりからの圧力に加えて蹴りもあり、下半身は勝手に下から突きあがってくるように引き上げられ軽く感じていたと思います。
慣れてきたら下からの圧力も利用せず、さらに蹴らなくなって下半身はなかなか引きあがってこなかったのではないかと思われます。
だからどんどん下半身が重たく感じた可能性があり、結果回転力も下がっていったのではないかと考えます。
いかがでしょうか?


新着順:59/224


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.